2015.10.30更新

塩分を一日6グラム以下って、結構難しいものです。
よく外食が多いと、6グラム以下を維持するのは難しいとお話しますが、その中でも特に、塩分過多になりやすい外食メニューがあります。

と、お話しますと「ラーメン」と思われる方が多いです。
もちろん、ラーメンも危険です。
ラーメンの種類によって多少の差はあるものの、まともに食べてしまったら、一日の塩分摂取量までいってしまいます。
でもラーメンの場合、スープを残すことで、塩分を半分ぐらいに抑えることができるので、コントロールできるメニューともいえるのです。

実はかなり危険なのが、お寿司です。
お寿司は、もちろんネタの方にも塩分が含まれていますが、あの酢飯の方にも塩分が含まれています。
でも、お砂糖と何より酢の味がするので、あまり塩分を感じないのです。
おまけに好きな方は、パクパクと結構食べてしまいますよね。

たとえばですが、甘エビを10貫食べたら、約2グラムの塩分です。
そこにしょうゆをつけますので、塩分量はさらに増えます。
ラーメンと違ってコントロールも難しいので、塩分過多になりやすい外食メニューのひとつなのです。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.10.26更新

今日は日々の食事の中で、塩分の量を増やさないためのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。
ちょっとしたことに気を付けるだけで、一日の塩分摂取量を減らすことができますし、逆にちょっとしたことを無視するだけで、一日の塩分摂取量を、思った以上に増やしてしまうので、このポイントはぜひ頭の片隅において、メニューを選んだり食材を選んだりしていただきたいです。

それは、「加工食品をなるべく使わない・加工食品を使っているメニューを避ける」というものです。
加工食品、たとえばハムやベーコン、ソーセージ、サラミなどの、お肉類の加工食品、かまぼこやはんぺん、ちくわなどの魚の練り物は、実はかなり塩分量が多いのです。
このように患者様にお話しすると、「ハムやベーコンが塩分が多いのは、なんとなく分かっていたけど、練り物系に塩分が多いのは知らなかった」とおっしゃる方が多いです。

このような食材をなるべく使わないように毎日の献立を構成することや、外食の際、たとえばスパゲティやピザなら、ハムやベーコン、ソーセージ、サラミを使っていないものをチョイスする、おでんならはんぺん、ちくわは食べないなど、ちょっと気を付けるだけで塩分量を増やさずに済みます。

特に注意したいのが、ハム、ベーコン、ソーセージ、かまぼこは、朝食のメニューとして毎日必ず登場するというご家庭も多いと思います。
これはできれば、やめていただきたい習慣です。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.10.20更新

腎臓病治療中の方はもちろんのこと、将来の健康のために、腎臓病を予防していきたいと考えている方にとって、食生活の見直しは必須です。
あえて、なかなか難しいのは分かっていながらも、このコラムに書かせていただきますのが、食生活の見直しで、できることなら一番見直していただきたいのが「外食」です。

外食は、どうしても塩分量が多く、一日の塩分摂取量を増やしてしまう原因となります。
つまり外食をなるべく避けること、これが塩分コントロールをする上で重要になってきます。

ここで勘違いをしないでいただきたいのが、外食を一切してはいけないというお話ではないということです。
フレンチにイタリアン、和食に中華、アジア系料理と、おいしいもの、それも家庭ではなかなかできない、外食ならではの食材と味付けを楽しむこと。
これも人生の楽しみの一つでしょう。
ですので、たまに外食を思いっきり楽しむことを、制限させるつもりはもちろんないのです。

でも、生活スタイルやお仕事柄、どうしても一日三食のうち、ほとんどが外食という方もいると思います。
三食すべてとまではいかないまでも、昼夜は外食が大半という方は、珍しくないと思います。
この状況ですと、どんなに気をつけていても、塩分過多になってしまいます。
いろいろ工夫をして、できるだけ外食の回数を少なくできるようにしていきましょう!

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.10.14更新

腎臓病治療中の方、そして腎臓病予防を真剣に考えている方におすすめしたいのが、有酸素運動です。
それも、お休みの日を利用してガッツリスポーツをするというスタイルではなく、毎日30分でよいので、有酸素運動を生活の日課に取り入れていただきたいと思います。

有酸素運動をすることでカロリー消費が多くなり、肥満予防に繋がります。
毎日身体を動かすことでストレス発散にも繋がって、ストレスを溜め込まない健康的な日々を送ることができます。
お風呂タイムも気持ちよく過ごすことができ、一日が充実したものになると同時に、血流も良くなり、腎臓病の原因となる高血圧を予防できます。
つまり、いいこと尽くしなのです。

早起きは三文の徳ということわざがあります。
お忙しい中高年の方々ですから、運動の時間をつくることが難しいという方も多いと思います。
朝、1時間早く起きて運動とシャワーを浴びるだけでも、健康面もメンタル面も大きく変化が生まれると思います。
無理のない範疇で、自分に合った有酸素運動を行なっていきましょう。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.10.08更新

人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。
当クリニックは人工透析用のベッドを83台ご用意させていただいております。
巡回バスもご用意し、天候などに関係なく、通院を少しでも楽にしていただける工夫をしております。
多くの患者様が、人工透析を当クリニックでお受けいただいております。
駅からも近いので、お仕事をお持ちの方の透析治療実績も多いです。

腎臓病になり、人工透析が必要になったそのとき、やはりいろいろ心配なことがあったり落ち込んだりと、なかなか前向きになれない患者様が多いですが、是非心配なさらずに、当クリニックにご相談ください。
多くの患者様を受け入れている中央内科クリニックであれば、安心していただけるかと思います。

当クリニックでは、透析スケジュールを最初に決めていきます。
もちろん分からないことや不安なことは、なんでもご相談ください。
決められた日時に来院していただきまして、透析治療を行っていきます。
透析のベッドがあるフロアには職員が常駐しておりますので、突発的なことが起こってもしっかり迅速に対処しておりますので、ご安心ください。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
生活習慣病ナビ
 
中央内科クリニック トピックス