2015.12.28更新

この間のコラムで旅行について、人工透析を受けている患者様でも、現地で透析を受けることで、旅行は可能ですというお話をさせていただきました。実際、中央内科クリニックでも、いつも通院されている患者様ではない、旅行や冠婚葬祭、出張などで広島や呉市にいらした方の人工透析を受け入れております。

この先日のコラムを見た方から、「でも海外旅行は無理なんですよね?」というご質問をいただきました。
確かに先日のコラムで、海外の旅行について触れるのを失念しておりました。
そこで、今回は海外旅行が可能なのか?ということについて、お話させていただきたいと思います。

まず結論から申しますと、可能です。
きっと、びっくりされる方が多いでしょう。
ただまずは国内旅行と同様、主治医である中央内科クリニックの医師にご相談ください。
透析を受けているからという理由ではなく、他の理由で海外はやめておいたほうがよいという患者様もいます。
でも、症状的に安定しているなど、中央内科クリニックの医師が見て、問題がないという場合は、海外旅行は可能です。

旅行日程に関して、透析を受ける時間をうまくコントロールする必要は出てきますが、国内旅行同様、旅先で人工透析ができる病院を探し、そちらに透析の予約を入れて、いつもどおり透析を行えば、海外旅行は可能になります。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.12.25更新

腎臓の病気になり、人工透析の治療が必要になりますと、この人工透析をお休みするということはできなくなります。
週に三回、病院へ通院し、数時間の人工透析を受けることになります。

このようにご説明すると、「この先、旅行にはいけなくなってしまうのですか?」というご質問をよく、患者様からいただきます。
特に若くして透析が必要になってしまった患者様は、これから先の人生、もしかして一泊旅行が限界?と思うだけで、悲しい気持ちになってしまいます。
旅行ならともかく冠婚葬祭などで、どうしても遠方に長期滞在しなければならないときはどうすればよいのかと、不安になることでしょう。

大丈夫です!まずは、主治医である中央内科クリニックの医師にご相談いただきます。
その上で、旅先で人工透析ができる病院を探し、そちらに透析の予約を入れて、いつもどおり透析を行えば、一泊以上の楽しい旅行が可能になります。
遠方で行われる冠婚葬祭も、透析を受ける時間をうまくコントロールすれば、問題なく出席できます。
旅先の病院などの情報も、分かり得る範疇でご提示できますので、旅行や冠婚葬祭のときは、お気軽にご相談ください。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.12.18更新

腎臓の病気になりますと、患者様の症状にもよりますが、激しい運動をひかえるようにと、医師から指導されるケースが一般的です。
登山や格闘技など、今まで趣味としてきた激しい運動ができなくなる患者様も多く、それにフラストレーションを感じる方も多いのではないかと思います。

気持ちは痛いほど分かりますが、腎臓への負担を考えるといたしかたがないことでもあります。
気持ちを切り替えて、今後の人生、ずっと長く取り組めるような、疲労がたまりづらい新しい趣味を開拓するのも、ひとつの楽しみになるのではないでしょうか。
書道とか手芸とかも良いですし、運動も軽いものであればできる方もいますから、医師に相談して新しい運動をはじめるのも良いかもしれません。

中央内科クリニックでは、淡々とした治療ではなく、患者様それぞれのライフスタイルや気持ち寄り添った治療やケアを行えるよう、医師がしっかりヒアリングして対応しています。
スポーツや趣味のことなども、何でもご相談ください。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.12.14更新

腎臓の病気になりますと、多かれ少なかれ、どの患者様にも食事療法が必要になってきます。
特に、塩分とタンパク質などの摂取に関して、気を付けなければいけません。
それらをコントロールするにあたり、できるだけ外食は控えるようにと、たいていの患者様は、医師や栄養士に指導されると思います。
外食が好きな方にとって、外食ができなくなることが苦痛だと感じることが多いと思います。
でもこれも、そこだけに固執していると、ストレスの原因となってしまって人生楽しくなくなってしまいます。

たとえば、お昼ご飯を外食から手作りのお弁当に変えるとしましょう。
外食できない!と悶々としているよりは、毎日の愛妻弁当を楽しみにできる新しい喜びができると考えれば、それはそれで、とても楽しい毎日になると思います。
今まで料理をしなかった男の方であれば、なんなら自分でお弁当を作るようにして、タレントの速水もこみちさんではありませんが、料理男子を目指してしまうというのも、新しい生きがいがプラスされて面白いかもしれません。
お子様がいらっしゃる方であれば、お子様のお弁当も、自分のお弁当と一緒に自作してしまうというのはどうでしょう?
キャラ弁にチャレンジして、趣味にしてしまうというのも楽しそうです。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2015.12.10更新

先日のコラムで、人工透析が必要になり、生活の中でいろいろな制限が出てきても、その生活の中で、楽しく有意義な人生を送れるように工夫していくことが、大切ですとお話させていただきました。

特に働き盛りの方が、腎臓病になってしまった場合、一番問題視するのが仕事だと思います。
たとえば、今まで仕事一筋でバンバン残業もしていたような方が、それができなくなってしまった。
仕事が思うように進まなかったりと、イライラすることもあるかもしれませんが、今までどおり、仕事一筋でと考えず、「ほかの事に夢中になる時間ができた」と考え方をシフトすると、また違った豊かな人生が開けてくるでしょう。

また、職種的にハードな職種ですと、職場内で業務をチェンジしていただく必要が出てくる患者様もいます。
それが難しい場合、具体的には転職という手段をとられる患者様もいます。
これについては、精神的にかなりつらい状況になると思いますが、腎臓病の治療は長い長い話になりますので、こればかりを苦痛に感じてばかりいては、患者様の人生が先に進みません。「新しい仕事にチャレンジできる」と、ポジティブに考えてトライしていくのも重要なことだと思います。

中央内科クリニックでは、患者様のお仕事を含め、今後のライフワークについてもしっかり医師がアドバイス・サポートをさせていただいております。
私たちは患者様と共に、より良い治療に取り組んでまいります。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
生活習慣病ナビ
 
中央内科クリニック トピックス