2017.04.29更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

先日行われた音戸清盛祭は、なかなか素晴らしかったですね。
患者様もお祭りの練り歩きに参加された方が多かったようです。
なにせ5年に一度の呉市で行われる希少なイベントですから、どうしても盛り上がってしまいます。

さて透析患者様は、塩分摂取量に気を付けなければなりません。
これは単純に「塩」という調味料だけを気を付ければよいというお話ではなく、塩分が少しでも含まれるもの全部、留意しなければならないというお話です。
そこで重要になってくるのが、調味料の使用をどのようにしているのかということ。

ここでお伺いしたいのは、皆様は調味料を計測していらっしゃいますでしょうか?
そしてもう一つ、どの調味料にどの程度の塩分が含まれているのかを把握していますでしょうか?
今お伺いしたこと二点、どちらもできておりませんとNGです。
調味料にどのぐらい塩分が含まれているのかを知識として頭に記憶し、調味料をきちんと計測して使う。
この習慣が重要になってきます。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.04.25更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。
もうすぐゴールデンウィーク!
そして「呉みなと祭」が行われます。
患者様皆様、楽しみになさっているようです。
お祭りは楽しいですが、美味しいものの食べ過ぎには要注意!
塩分や水分、カリウムなどに注意して、食べ歩きを楽しんでください。

さて、今もお話したばかりですが、透析治療を行っている患者様は毎日の水分摂取量に注意しなければなりません。
そこで、ついつい忘れがちなので気を付けていただきたいこと。
それは普段日常的に使っている調味料の水分換算です。

調味料の中には、水分としてカウントしなければならないものがあるのです。
たとえば分かりやすいものですと、しょうゆやお酢、料理酒やみりんなどは水分として換算しなければなりません。
分かりづらいものをご紹介しますと、ソースやケチャップなど。
これもれっきとした水分を含む調味料になります。
毎日のことですから習慣化して意識するようにし、注意していきましょう。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.04.21更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。
先日のお休みは、呉ポートピアパーク パームストリートで行われている「鯉のぼり吹き流し」をお散歩がてら見に行ってきました。
最近大きなこいのぼりを飾っているお宅は少なくなりましたから、なかなか豪快に風に舞う大きなこいのぼりを街中では見かけなくなってきましたが、ここではそれを見ることができて、ちょっと嬉しい気持ちになりました。
そういえば透析室でも、お孫さんの端午の節句のお話がよく出ています。

さて、透析をお受けになっている方は水分摂取量に注意しなければならないというお話は、こちらのコラムで何度もさせていただいていると思います。
実は毎日健康管理のために行っている「ウガイ」。
このウガイも水分摂取量としてカウントしなければならないということをご存知でしょうか?
つまりウガイに関しても要注意なのです。

患者様によって多少異なりますが、水分量は通常1日500~600ccを目指します。
ウガイはそのうちの約10ccとしてカウントします。
つまりウガイを一日三回すればそれだけで30㏄になるのです。
健康維持のためにウガイはとても大切です。
ですので、ウガイをしないでくださいというお話ではありません。
ウガイはきちんとこまめに行っていただきたいのですが、しっかりカウントするのを忘れないようにしましょうということです。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.04.18更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

さてシャントの手術をした患者様は、毎日必ず行わなければならないお仕事がございます。
というと、なんだかとても大変なことをしなければならないのか?と心配になるかもしれませんが、ご安心ください!とても簡単なことです。
それは毎日朝晩、シャントがきちんと流れているのかを確認していただきたいのです。

やり方はとても簡単です。
シャントをつくったところに耳を持って行き、シャントの音を確認してください。
そして、血管に沿うように指で軽くさわり、血流の振動をチェックします。
つまりシャントが正常に機能しているかを毎日セルフチェックするということです。

この行動を毎日の習慣としてしていただきたいというのが、中央内科クリニックからのお願いであり患者様へのお仕事です。
とても簡単なことですが、今まで生きてきた人生の中でまず行わなかった習慣です。
最初はついつい忘れてしまった!ということもあるかもしれませんが、この習慣は透析患者様にとってとても大切なことです。
頑張って習慣化してまいりましょう。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.04.10更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

先日のコラムで、シャントの手術をした患者様は、毎日必ず行わなければならないお仕事がございますといったお話をさせていただきました。
シャントが正常に機能しているかを、毎日セルフチェックするということでしたね。
何も問題が無ければ、安心して過ごしていただいて大丈夫なわけですが、このセルフチェックで万が一、シャントの様子がおかしいと気が付いた時は、どうすればよいのでしょうか?

たとえばシャントの音がいつもと違うとか、シャントの音がしないというようなケース。
指で触ってみても、拍動を確認できないというようなことが考えられます。
このようなときは、すぐに主治医や透析スタッフにご相談ください。
またそれ以外にも、シャントを作ったところに痛みを感じるようになったり、万が一出血した!というようなときも、大至急ご来院ください。
また、出血の場合はまずは止血をして消毒しましょう。
よろしくお願いいたします。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
生活習慣病ナビ
 
中央内科クリニック トピックス