2017.06.29更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。
お酒の席で腎臓病の患者様が上手にお酒と付き合い、楽しく過ごすコツを本日はご紹介したいと思います。

カンパーイ!からはじまって、それまでのようにゴクゴクと好きなお酒を好きなだけ飲むというスタイルは卒業しましょう。
という書き方をすると、なんとなくガックリしてしまいそうですが、考え方としてはこうです。

「大人のお酒の飲み方をはじめましょう」

乾杯はシチュエーションによって異なると思いますが、おそらくビールかシャンパンになるかと思います。
こちらは乾杯の音頭とともに、ひと口ふた口いただきます。
この後がポイントです。
日本酒や、焼酎やウイスキー、梅酒などをロックでちびちびといただくのです。
大人っぽく品よくお酒の席を過ごせますし、自分も周囲も楽しめる雰囲気です。
もちろん水分量を考えなければいけませんので量は飲めません。
ですので、それなりに酔いたいという方は、アルコール度数が少し高めのお酒をチョイスされると良いでしょう。

またもう一つ、水分量は一日の水分です。
つまり、夜にお酒を飲む日は、それまでの水分量をいつもより控えめにするというのもポイントです。
あまり過度に控えてしまいますと、逆にお酒の席で反動が出てしまいますので、あくまでも常識的な範囲で!というのがコツです。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.06.28更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

腎臓病の患者様にとって、水分量のコントロールは大変重要な課題です。
その上で患者様、特にお仕事をされている方や若い方の多くが悩まれているのがお酒の席の問題です。

「私はお酒飲めないのです」ということにしてしまうのも一つの手段です。
全員が全員、お酒が飲めるわけではありませんから。
しかし本当はお酒が飲める、お酒が好きな方にとって「禁酒状態」でお酒の席を過ごすのはご自身のストレスになってしまうことでしょう。
貴方のことを、もともとはお酒が飲める人と知っている人が周囲にいるならば、その方々に気を使わせてしまう可能性もあります。
忘年会や歓送迎会など、大々的な会はともかくとして、気軽な飲み会となればお誘いさえ来なくなってしまい、悲しい気持ちになってしまうというケースもあるかもしれません。

腎臓病だからといって、禁酒する必要はありません。
少しであればお酒を飲んでも大丈夫なのです。
あくまでも水分量をしっかりとコントロールできれば問題ないのです。
次回のコラムで、コントロールのためのコツをご紹介したいと思います。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.06.22更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

唐突ではありますが、最近透析室で話題になっておりました内容を耳にして気になったことがございました。
その話題によりますと、人工透析治療中の場合、医療保険や生命保険に加入できないのでは?と思われている方が多いようです。

それほど詳しいわけではありませんが、たしかに一昔前まではそのようでした。
しかし今は、人工透析中でも加入できる医療保険や生命保険はございます。
それも近年、その数が増えてきているように感じます。
つまり、人工透析を受けている状況だからといって、保険加入を諦める必要はなく、もしすでに必要を感じていたり先々の不安を解消したいなどのお気持ちがあるのであれば、加入できる保険を探してみるとよろしいかと思います。
人工透析を行っているということは、医療と切っても切れない間柄であります。
保険を真剣に考えたいと思われるお気持ちは当然のことと感じます。

中央内科クリニックはあくまでも医療機関で保険業を営んでいるわけではございませんから、こちらのコラムにおいて商品名など細かいお話はあえて避けさせていただきますが、海外資本の保険会社の方が持病がある方向けの保険が多彩だそうです。
そして日本の保険会社でも最近、持病がある方向けの保険商品を増やしつつあるそうです。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.06.15更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

前回も透析後の疲労感について触れましたが、この疲労感を覚えるか否かは人によって個人差が大きいです。
もちろん体力的なことや年齢的なことも大きく関わっていると思うのですが、実は日ごろ適度な運動を行っているかどうかということも関係しています。

もちろん無理は禁物ですが、毎日体を動かすことは全身の循環を円滑にする作用がありますから、それによって疲労が溜まり辛くなるのです。
ですので人工透析後の疲労感でお悩みの方や、疲労を感じないような体つくりをしたいという方には、日々の運動を当クリニックとしては推奨させていただいております。

運動に慣れていない方にとって、運動を習慣化するのはなかなか難しいものだと思います。
最初は無理なく負荷の少ないものから、短時間でもよいのではじめていきましょう。
ウォーキングやヨガでしたら、運動初心者でも取り組みやすいのではないでしょうか?

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

2017.06.09更新

呉市の皆様、こんにちは!
人工透析専門サイトを運営する、中央内科クリニックです。

先日のブログでも少し触れましたが、人工透析後というのは、患者様によってかなりの個人差はありますが、中には大変な疲労感に襲われる患者様も少なくありません。
どうして自分はこうなるのか?とお悩みの方も多いのですが、疲労感を覚えることは別に珍しい例ではありませんので、特に心配される必要はありません。
「前までは大丈夫だったのに、いつの日からか疲労感で帰宅すら大仕事になってしまった」という患者様もいらっしゃいます。

疲労感に対して悩む必要はありませんが、それを加味して一日の生活の流れを考えていく必要はあります。
たとえば家事などは、透析に出かける前にすべて済ませてしまいましょう。
特に火や包丁を使うお料理などは、出かける前に作ってしまうとか、タイマー機能、保温鍋などを活用してみましょう。

お掃除や洗濯なども、透析を受ける前に完了しておくのがベストです。
翌日に回せる家事は、無理をせず翌日に行うようにしましょう。
日々のことだからこそ、無理は禁物です。

投稿者: 医療法人中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
生活習慣病ナビ
 
中央内科クリニック トピックス