腎不全

腎不全について

腎不全は、急速に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数カ月から数十年の年月をかけてゆっくりと働きが悪くなる慢性腎不全に分けられます。
急性腎不全の場合、治療を適正に行って機能を悪化させた原因を取り除くことさえできれば、回復する見込みがあります。
ところが慢性腎不全の場合、症状の進行に伴い長い時間をかけて腎臓の機能が徐々に失われているので、残念ながら回復する見込みはほとんどないのです。

腎不全の原因、症状

原因高血圧、生活習慣病、膠原病、遺伝性など
症状:急性腎不全では尿の出が悪い、あるいは全く出なくなります。
慢性腎不全では、機能低下の程度が軽いうちは症状がほとんどなく、機能低下が進むと尿の量が増える、目のまわり・足のむくみ、食欲低下、息切れなどの症状が現れます。

腎不全の治療

呉市の当院では、急性腎不全の場合は、機能低下の原因への対処療法に始まり、その後、食事療法、薬物療法、血液浄化療法の3つを柱に回復までの管理を行う治療となります。
一方、慢性腎不全は回復する見込みがほとんどありません。したがって、症状の進行を予防し、透析療法への移行を遅らせることが治療の最大の目標となります。
食事療法では、急性腎不全、慢性腎不全ともに塩分とタンパク質の摂取には十分注意する必要があり、日頃から体にストレスを与えない日常生活への心がけが大変重要です。

医療法人 中央内科クリニック
 
生活習慣病ナビ
 
中央内科クリニック トピックス